押し花を使って、5、6月のカレンダーを作りました。
 
 
 

 
押し花をするところからご利用者様の手作りです。
その様子をぜひ見てください。
 
まずは押し花づくりをしました。
施設の庭にあるお花を摘んでいきます。
 
 
 
庭にはたくさんの春お花が咲いてます。
ビオラ、ノースポール、オウバイ、ハナカイドウ、プリムラ・ジリュアン、フジ、サクラソウ等々、、、、
花の中でも押し花にしやすいものを使いました。
 
 
 
摘んだお花は早めに押し花にします。
間隔をあけて重ならいように注意しながら、紙の間に押し花を並べていきます。
 
 
 
今までも行われていた方は、手慣れた様子で『花は3つか4つくらいよね』『こうやって離すのよね』とお話されていました。

紙に挟んだ花はさらに新聞紙に挟み、板に挟んで押していきます。
約一週間風通しの良い涼しい場所に保管しておきます。

押し花が完成したら、次はカレンダーづくりです。
 
 
 
たくさんの押し花の中から好きな花を選び、カレンダー用紙に並べていきます。
丸いガイドラインを付けた用紙も用意しました。
円に沿ってお花を並べやすいようにしています。
 
 
 
白紙の用紙も用意しました。
こちらのご利用者様は、花をちりばめられていますね。
皆様好きな組み合わせで好きな形に作られていました。
 
紙に並べた後はラミネート加工をして完成です。
 
 
 
完成したカレンダーは、お部屋に飾っていだきました。
『お部屋が明るくなっていいね』『花が増えてよかったわ』と楽しんでいただけた声をきくことができました。
 
おまけ
 
 
 
アゲハチョウが庭に訪れました。