1月6日、東京都心で4年ぶりに10㎝に達した積雪がありました。
雪が降り始めた時の様子を映しました。
 

 

 
雪が降ってから2週間ほど経ちましたが、相変わらず冷え込む毎日ですね。
 
そんな中、植物たちも寒さに耐えて、春の訪れを待っています。
 

 
入口の梅の木と、ハナモモの木です。
秋に葉を落としてから、冬の間は変化が感じられませんが少し目を凝らしてみると花芽が少しずつ膨らんできています。
 
雪が解けてから、春と勘違いしたのか咲き始めている花もありました。
 

 
アンズ(左)とハナカイドウ(右)の花は3月~4月頃に咲き始めるのですがもう咲き始めていました。
よっぽど先日の雪の日が寒かったのでしょう。
 

 
ナンテン(左)とキンカン(右)も実っています。
最近はメジロやヒヨドリが食べに来ています。
 

 
ロウバイ(左)、ユリオプスデージー(右)は、
花が少ない冬の時期に、彩りを添えてくれます。
 
多くの植物がじっくりと寒さに耐えて春を待っています。