段々と暖かくなり、多くの花が咲きはじめました。
毎年ひぐらしの里では、チューリップを植えていて、今年もたくさん咲きました。
 

 
これは去年の11月のポットに植え付けを行ったときの様子です。
球根1つひとつをポットに植え付けました。
 

 
冬の寒さに当ててあげ、春になり暖かくなると一気に開花に向けて成長します。
 

 
3月中旬。葉っぱが大きく出てきて、蕾が膨らんできました。
一緒に植えたご利用者様も、『やっと出てきたね、たくさんやったから楽しみだね』『いろんな色植えたからきれいになるだろうね』と咲くのを期待していました。
 

 
3月下旬になり、暖かい日が続くと一気に咲き始めました。
たくさんのチューリップが庭を彩ってくれています。
 

 
ポット苗のチューリップは毎年、縁日という行事の際に販売していましたが、今年はご利用者様や職員に向けて販売しました。
 

 
他にも鉢に植えたチューリップもたくさんあります。
きれいに咲いた花は、室内の利用者様のテーブルにも飾っています。
 

 
めずらしい色や形のチューリップがあり、皆様興味を持たれていました。
『また来年は違う色も植えてみたい』と話されていました。